ホテル.Net


design By TEMPLATED

ホテルでのマナー?

ホテルに宿泊する時、マナーを守って行動しているつもりでも、うっかり間違えてしまうことが多いのが、旅館とのマナーの違いです。通常、旅館では部屋に用意されている浴衣を着て食事処や大浴場に行ったりしても大丈夫ですが、ホテルではそれがマナー違反になる場合もあります。
また、旅館では、旅館に入る時にスリッパを履くことが多いですが、ホテルではスリッパは部屋に備え付けのもので、自分の宿泊している部屋の中だけしか使えない場合が多いです。
このように、宿泊先によってルールが違うことも多いので、宿泊先ごとのルールを最初にきちんと確認しておくようにしましょう。
旅行の時は、楽しくてつい、気を配ることを忘れてしまいがちですが、トラブルを避けるためにも、マナーを守ることは大切です。

 

日本のホテルにチップはいるの?

外国からいらっしゃった方に良く聞かれるのが、「日本のホテルにチップはいるの?」という質問です。
海外では当たり前の習慣であるチップですが、日本のホテルにおいては宿泊料金や食事料金に「サービス料」が含まれているため、ほとんどの場合チップは不要です。
しかし旅館に宿泊した際、仲居さんにチップとして心付けを渡すことは日本でも昔からある習慣ですし、無理なお願いをしたときや「サービスが気持ち良い」と思った場合は、ホテルにおいても少しチップを渡してあげると良いですね。
とはいえ外国の方からすると、「チップを渡さなくても日本人の対応はすばらしい」と感動的なようです。
日本人特有の「おもてなし」の心をこれからも大切にしていかなくてはなりませんね。